So-net無料ブログ作成

ザ・リッツ・カールトン大阪

贅沢ブログに誤解されちゃう可能性あり、だけど、

贅沢2連発目、書いちゃいます。


えーっと、今年のゴールデン・ウィークに、故郷・関西の地に帰ってきまして、

たぶん、日本で最も贅沢な、ヨーロッパ風ホテルの代表であろう「ホテル・リッツ・カールトン大阪」に、友人と宿泊してみた。


その、「世界を代表する」とか、「超一流の」とか、そういう形容詞にメッキリ弱いアタクシ、いつかリッツ・カールトンに泊まってみたいものだと漠然と思っていたんだけど、

さて、今年のゴールデンウィークは、どんなゼイタクをしてみるかな・・・などと、フトコロ具合もよく考えずに、

色々ネットサーフィンしていると、こんなんデマシタ! って、リッツ・カールトンに行き着いてしまいましたとさ。

かなりの出費が見込まれたのですが、これもB型の勢い? ってか、えいやぁ!と予約、入れてしまいました。


パリのホテル・リッツ といえば、あのダイアナ妃が、愛人ドディ・アルファイド氏とデイトして、パパラッチに追われて死の逃避行へと出て行ってしまった、最期のホテルです。

リッツ・カールトンは、このホテル・リッツと、ルーツは同じ。

スイス生まれのセザール・リッツという人が、まず「」ホテル・リッツ」をパリに開業、その後「カールトン・ホテル」をロンドンに開業し、更に米国進出して設立したのが、「ザ・リッツ・カールトン・マネジメント・カンパニー」

だそうだ。 それが1899年のこと。

大阪には、1997年に開業、東京には去年3月、六本木の東京ミッドタウンにオープン。


私は、こじんまりした大阪のカールトンが、好きだわ。


お部屋の中を、チラッと・・・


RitzCarlton.3.JPG

Ritscarlton.1.JPG


ベットルームです。


Ritzcarlton.2.JPG

バスルームのアメニティは、シャンプーからバスローブに至るまで、アメリカ製のカールトン専用のもの。

ちなみに東京のカールトンのアメニティは、ブルガリのオ・パフメ オ・テ・ブラン(ホワイトティ)のラインで、これはなんと、偶然にも私の愛用の香りと同じなんです!

神戸北野ホテルのアメニティグッズも、同じものだったので、更に感動!

帰宅後、お高いのに、思わず楽天ショップでお取り寄せしちゃいました♪


だって、香りって、大事ですよね。


それから、このベットが、もう最高でしたのよ!

実は節約のため・・・友人と二人で、ツインではなくダブルの部屋に泊まったんだけど、隣で寝返りしようが、くしゃみしようが、全然響かないんですよ。 

つまり、ベットのスプリングが、なんというか、衝撃をすべて吸収してくれる、といえばいいんでしょうか、静かなんです。

だから、眠りが静かで、深いんですよね。

とても、ダブルベットで寝たとは思えない感触、心地よい寝覚めなんです~♪


本当に、驚きました。 一流ホテルの、一流たる所以を見た気がしました。

ベットだけではなく、すべてのサービスが、最高でした。

朝食も、本当に 美味しかった。

過度に豪華ではなく、でも、食材や調理方法など、すべてに心が行き届いた美味しさに、本当の贅沢を感じました。



また、行きたいです。

いつの日か、世界のリッツ・カールトンを 巡ってみたい。

特にバリのカールトン・スイート&スパ には、ぜひ行ってみたい!

アジアで一番先にできた、このバリのカールトンは、2004年度 世界のベストホテル第一位なんですって。


なんだか、この世界で○位 とか聞くと、本当に行ってみたくなるんですよね。

だって、この世界に生まれてきて、一生のうちに、そういう世界的な評価を受けているもの、ホテルだけでなく美術でも食べ物でもなんでもですが、そういう一流のものに触れずに、知らずに死んでいくなんて、なんだか つまらないなと思ってしまうんですよね。

そんなことって、ないですか?

と、夢のような話をしているうちに、本当に夢の世界に入って行きそうな時間。


ではでは、かなり夜も更けてまいりました。

おやすみなさい  ((-_-)zzz
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

夏の思い出銀座6丁目 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます